担当できるキャラクターなどの情報につきましては、「参加者募集要項」の方をご覧ください

キャラクターのグラフィックの詳細

  • キャラクターには、以下のポーズのグラフィックがあります。
    基本立ち絵/時間切れ直前/問題正解/問題不正解/対戦勝利/対戦敗北/スペルカードカットイン/エンディング
  • 基本立ち絵〜対戦敗北までの6種については、左配置用、右配置用のデータが必要です
  • 左右どちらでも使える絵の場合はその限りではありません
  • シナリオのないキャラ・これから募集される方のキャラについては、「エンディング」の絵はありません
  • 実際のゲームへの使われ方は、「ゲーム概要と頒布情報」よりスクリーンショットで確認ください
  • 「基本立ち絵」の例と仕様

    ●通常時の立ち絵(画面左側配置用)

  • 普通状態の表情です
  • 可能なら右方向への視線を意識した絵にしてください
  • できるだけ外側にキャラをおいて下さい(この図では左寄り)
  • 有効な画像領域(キャラクター部分)が、横:縦=3:8〜4:8くらいの比になるように
  • 縦は1200pixel以上のサイズで作成、提出して下さい
  • つまり、提出サイズは、450×1200〜600×1200(pixel)といった感じになります
  • ゲーム内では、横150〜200pixel×縦400pixel 程度のサイズになります

  • クイズ問題(選択肢)枠よりも下側に表示されます
  • 最も基本的な立ち絵になります
  • 会話シーンでも使用されます
  • 会話シーン用に、表情を変えた画像の作成をお願いすることがあります
  • ●通常時の立ち絵(画面右側配置用)

  • 基本的に「左配置」の左右反転でかまいません
  • サイズなどは左配置と同じになります

  • 左右対称でないパーツ(髪型、服、アクセサリー、文字など)のあるキャラは気をつけて下さい
  • ●複数キャラの場合の例(画面左側配置用)


  • 複数キャラで、全身を入れると小さくなるので注意して下さい
  • バランス調整のため、切り抜いたりすることがあります (ゲーム概要の画面イメージを参照のこと)

  • 右側の例は省略します(以下同)
  • 「時間切れ直前」、「問題正解」、「問題不正解」の例と仕様

    ●時間切れ直前(画面左側配置用)


  • 時間が迫り慌てたり、いらだつ様子を
  • できるだけ通常立ち絵と同じ位置(左端からの位置)になるようにしてください
  • サイズなどは、「通常立ち絵」と同じになります

  • クイズ問題(選択肢)枠よりも下側に表示されます
  • ●問題正解(画面左側配置用)


  • ちょっと喜んでたり、得意になっている様子を
  • できるだけ通常立ち絵と同じ位置(左端からの位置)になるようにしてください
  • サイズなどは、「通常立ち絵」と同じになります

  • クイズ問題(選択肢)枠よりも上側に表示されます
  • 会話シーンで使用される場合があります
  • 会話シーンでの使用に無理がある絵の場合、基本立ち絵の表情差分をお願いすることになります
  • ●問題不正解(画面左側配置用)


  • ちょっと残念がったり、ばつが悪いような様子を
  • できるだけ通常立ち絵と同じ位置(左端からの位置)になるようにしてください
  • サイズなどは、「通常立ち絵」と同じになります

  • クイズ問題(選択肢)枠よりも上側に表示されます
  • 会話シーンで使用される場合があります
  • 会話シーンでの使用に無理がある絵の場合、基本立ち絵の表情差分をお願いすることになります
  • 「対戦勝利」、「対戦敗北」の例と仕様

    ●対戦勝利(画面左側配置用)


  • 相手に勝利して喜んだり、得意げな様子を
  • 横:縦=3:8〜5:8くらいの比になるように
  • 縦は1200pixel以上のサイズで作成、提出して下さい
  • つまり、提出サイズは、450×1200〜750×1200(pixel)といった感じになります
  • ゲーム内では、横150〜250pixel×縦400pixel 程度のサイズになります
  • クイズ問題(選択肢)枠の上に表示されます
  • 通常立ちで推奨していた「細めの絵」でなくても問題ありません。

  • クイズ問題(選択肢)枠よりも上側に表示されます
  • ●対戦敗北(画面左側配置用)


  • 相手に負けて残念がったり悲しむ様子を
  • サイズなどは、「対戦勝利」と同じになります

  • クイズ問題(選択肢)枠よりも上側に表示されます
  • 「スペルカードカットイン」の例と仕様

    ●スペルカードカットイン


  • キャラクターの(かっこいい)絵を描いて下さい
  • 横:縦=5:12の比になるように
  • 縦は2400pixel以上のサイズで作成、提出して下さい
  • つまり、提出サイズは、1000×2400(pixel)といった感じになります
  • ゲーム内では、横250pixel×縦600pixel のサイズになります

  • 絵に、右側・左側の区別はありません
  • 「エンディング」の仕様


    ●エンディング


  • 一人用モードのプレイヤーキャラのみエンディング絵があります
  • シナリオに沿った絵を描いてもらいます。詳細はメールをご覧下さい
  • 提出は6月20日までになります

  • 提出サイズは、16:9の比率の画像でお願いします
  • ゲームでは800x450の画像で表示、下部にメッセージや会話が表示されます
  • 絵柄は、きっちり描き込んだものでも、(東方シリーズのエンディングのように)あっさりした図柄でもOK
  • キャラクターの右側配置、左側配置についての補足

    立ち絵は下図のように会話場面やクイズ画面で使用します。


    このときに、画面の右側・左側のどちらに配置されてもよいように、
  • 左右どちらでも使える絵柄 にする
  • 右側の立ち絵、左側の立ち絵を別に作る (新規に描く、片方の図を反転して作成するなど)
    のどちらかで作成していただきますようお願いします。

    文字などを入れる場合は特にご注意ください。
    片方しか作成されていない場合、反転される場合があります。

    (2月1日追記)
    キャラ絵を作る采のポイントですが、「基本立ち絵」「時間切れ直前」
    「問題正解」「問題不正解」
    の立ち絵については、ゲーム中によく切り替わります。
    枠内のできるだけ同じ位置で描いて頂けるとよいと思います。

    たとえば、左側配置の場合、下図のように「キャラの中心を左端から一定の位置」で
    統一して頂けると、絵が切り替わった場合でも自然に見えると思われます。
    (厳密でなくてかまいません。キャラの瞬間移動が不自然に見えない範囲でよいと思います)
    「勝利」「敗北」については、対戦後に一度だけ表示されるので特にこの制限はありません。


    「基本立ち絵」「時間切れ直前」「問題正解」「問題不正解」については、
    画面端から同じ位置から、余り動かないような立ち絵を作るとよいと思います。
  • その他注意事項について

  • 募集した画像は、ゲームのウィンドウサイズにあわせて縮小されます
  • 立ち絵は、腰上・膝上・全身、のどれでもけっこうです
  • 他のキャラとのバランスを取るため、画像の一部を切り抜く場合があります(膝上→腰上など)

  • 提出画像は、背景色が透明(アルファチャネル)の「32ビットPNG形式」で作成下さい

  • 応募はメールでの先着順になります。応募できるのは1キャラクターです
  • 複数のキャラクターを担当されたい場合は、応募→作成→完了、を繰り返していただく形になります
    1. 応募し担当になったキャラクターの画像を作成完了
    2. この時点で担当の決まっていないキャラクターを応募
    3. 以下、画像を完成するごとに、担当の決まっていないキャラクターを応募できます